着物の変遷に伴うヘアスタイルの変化を感じてください
現代、着物は日本古来の衣装であると同時に進化し続けています。昔、着物が日常衣だったころから比べるとその当時にはなかったペパーミント色やバラ柄であったり、中にはスパンコールやフリルなどがついたものまで登場しています。今日では着物は特別な時に着る衣装となり、豪華で他の人とは違ったデザインを選ぶ傾向もあるのが特徴です。こうしたニーズから生まれた着物の変遷に伴い、ヘアスタイルも多種多様になりました。古典的な柄には古来からあるまとめ髪等落ち着いたヘアスタイルを合わせますが、現代的な柄や形状の着物についてはパーマヘアをアレンジしたようなドレスでも使用できるようなヘアスタイルを取ることが多いです。また、髪飾りについてもバラやカスミソウなどといった洋風の造花を取り入れたものであったり、かんざしもスパンコールをふんだんに使用し煌びやかな物もあり、一見伝統衣装と見えるものでも外国の要素を取り入れたデザインが近年では人気が高くなっています。